【プラセンタ原料メーカー】バイオアンチエイジング – BIO ANTIAGEING –

プラセンタの歴史

img-historyプラセンタの歴史は、おそらく哺乳類が誕生した頃に始まります。プラセンタの機能性をいち早く取り入れていたのは、野生動物です。出産直後の動物は、肉食動物だけでなく草食動物までもが自らの胎盤を食べてしまいます。出産で低下した体力を補うことや母乳の出を良くすることを目的とした本能的行動だと考えられています。 中国でプラセンタは、紫河車(しかしゃ)という名の漢方薬として、幅広く活用されています。中国での歴史は、非常に古く、3世紀ごろには胎盤のペーストを軟膏に混ぜて使用されたり、秦の時代には始皇帝にも不老長寿の薬として珍重されていました。すでに、このころには、アンチエイジングの薬として利用されていたのです。 その他にも、絶世の美女として有名なエジプトのクレオパトラやフランスのマリーアントワネットなども、不老長寿の薬として使用していたと言われています。また、オードリー・ヘップバーンやチャップリンが晩年スイスに住み、プラセンタによるアンチエイジング療法を受けたことも知られています。
なんと、日本でも、江戸時代にプラセンタを主成分として配合した混元丹(こんげんたん)が加賀の三大秘薬として、滋養強壮・不老長寿の薬として評判を得ていたようです。
プラセンタは、過去、長年にわたりアンチエイジング用途で活用されてきましたが、近年のアンチエイジングクリニックでも、プラセンタ療法が定番化しつつあります。医師らのプラセンタ療法研究会も盛り上がっています。現代の医療でも、そのアンチエイジング効果が認めれられ、活用され続けていいるのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © BIO ANTIAGEING Co.Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.