【プラセンタ原料メーカー】バイオアンチエイジング – BIO ANTIAGEING –

私たちの歩み

  • HOME »
  • 私たちの歩み

main

2005年ドクターノヴェル設立、女性たちに美のチカラを──

ab001バイオアンチエイジングは、2005年に、ドクターノヴェルセラとして発足しました。
肌のメカニズムを研究するドクターノヴェルセラが、シワをつくる根本原因に働きかける成分や処方を独自に開発。
忙しい毎日を送る女性の美のために“多機能でシンプルなスキンケア”をテーマに、年齢に関係なく幅広い層に安心してご使用いただける製品として商品化しました。化粧品の良さは成分の配合で決まると言っても過言ではありません。選りすぐりの成分を適切な配合量で処方することで、はじめて真価が発揮されるのです。
バイオアンチエイジングの基礎化粧品シリーズは、この揺るぎない信念のもとに製造し、お届けしているものです。また、お肌の健康のために、鉱物油・着色料・香料・パラベンなどを一切使用しておりません。

奇跡の成分・プラセンタとの出会い──

ab002スキンケアを研究する中で、私たちは画期的な原料と出会いました。胎盤由来の成分であるプラセンタです。
胎児は、母体において、胎盤を介して栄養や酸素をもらって成長します。
このとき、細胞分裂をする上で、重要な役割を果たすのが胎盤の成分である“成長因子”です。
私たちは、胎盤から成長因子などの有効成分=プラセンタを抽出することに成功し、商品化に全力を注ぎました。

美しい肌のために、新たな原料を求めて──

商品開発当時、プラセンタ市場で主力だったのは、牛でした。しかし、BSE狂牛病が社会問題となり、使用が避けられるようになりました。高品質な原料の入手が難しくなり、プラセンタ市場は、勢いをなくしていきました。
それでも私たちは、美肌のために、プラセンタが素晴らしい原料であることを確信していました。牛に代わる良質な原料を見つけることが急務でした。
新たな原料として着目したのが、馬のプラセンタでした。
馬は、狂牛病や口蹄疫などの病気と無縁です。出産は1年に1頭のみ。出産周期は約11ヶ月で、牛や豚と比べると人に近い周期であることが特徴です。研究を進めるうちに、アミノ酸などの含有量が豊富で、牛に勝るとも劣らない良質の原料であることがわかりました。

産地特定ができる原料を求めて──

bg003私たちがこだわったのが、原料の安全性です。肌に働きかけるデリケートな商品です。産地を特定できる馬のみを原料とすることに、強いこだわりがありました。
業界では、馬プラセンタを安定供給するためキルギス産馬をはじめとした外国産馬に頼りがちです。しかし、私たちは、日本人であるがゆえに国産馬にこだわりました。
そうとは言え、良質な原料を見つけることは容易なことではありません。苦労の連続でした。プラセンタ原料を探し求めて各地へ飛び回りました。国内で最高品質のプラセンタで一人でも多くの女性を美しくしたい…。その想いだけが原動力でした。

会社誕生の地、熊本へ──

原料を探し求める旅は、会社の発足地である九州・福岡からほど近い熊本にたどり着きました。
そこで、理想的な馬──熊本馬と出会いました。農薬を一切使わない牧草を食べ、阿蘇外輪山一帯に降り注いだ雨からなる 恵みの地下水を飲んで育った健康的な馬──それが熊本馬でした。
なかでも私たちは、食肉馬に注目しました。エサはもちろん、ストレスを与えないよう環境面も最大限に配慮され、大切に育て られている熊本馬です。直感で「これだ!」と確信し、牧場と交渉を重ねました。
私たちの熱意は、牧場関係者にも伝わりました。熊本産食肉馬プラセンタの独占契約を結ぶに至ったのです。
そして多くの人たちの協力のもと、2011年ナノプラシリーズが誕生しました。

確かな原料から、確かな技術で抽出した「最高峰のプラセンタ」──

bg005健康な熊本産馬から採取したプラセンタは、現地で速やかに洗浄冷凍した後、高い技術力を持つ国内工場に運び、丁寧に有効成分を抽出します。

ナノプラシリーズは、熊本食肉馬のプラセンタを高配合しています
■「ナノVCローションN」…熊本食肉馬プラセンタを高配合したスキンローション。
■「ナノVCアクアモイストゲルN」…コラーゲンをナノ化した美容ジェルクリーム。
■「ナノVCコラージュN」…コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスティンをナノ化エッセンス。
■「ナノVCホワイトN」…天然美白成分を高配合した美容クリーム。
■「アミノVCソープ」…天然アミノ酸を高配合した洗顔ソープ。

化粧品メーカーからプラセンタ原料メーカーへ
バイオアンチエイジング誕生──

bg006私たちが取り扱う馬プラセンタはとても希少です。
原料管理をさらに徹底するために、化粧品メーカーから原料メーカーへ、企業として 方向転換することの必要性を強く感じました。
そして2012年11月、ドクターノヴェルセラは、バイオアンチエイジングに社名を改めました。それは、プラセンタの原料メーカーとして、より高い責任を担う決意を表すものでもありました。

バイオアンチエイジング誕生記念に際し、高濃度抽出した特別仕様のプラセンタエキスを開発しました。
プラセンタ原料メーカーとして、自信と誇りを持ってお贈りする最高峰プラセンタ原液、それが「PCCプレミアム」です。

SAアミノ酸の力を高めるアプローチ──

新たな命を産み出す胎盤=プラセンタは、実にさまざまな成分でできています。
その1つに、SAアミノ酸(スーパーアクティブアミノ酸)があります。肌トラブルの原因となる活性酸素を除去したり、コラーゲンの生成を促したりする、優れた効能で知られる成分です。

私たちバイオアンチエイジングは、このSAアミノ酸に、早い段階からとりわけ大きな関心を寄せていました。
成分を増やすことはできないか、その力をさらに引き出すことはできないか、研究に研究を重ね、ようやく1つの答えにたどり着きました。

その答えは──「発酵」でした。
人工的に何かを添加するのでなく、プラセンタ自体の発酵の力に頼ることにしたのです。

世界で初めての
発酵・熟成 国産馬プラセンタエキス誕生へ

「発酵」させることで、SAアミノ酸を20%もアップさせることが可能になりました。
そして発酵の効果は、SAアミノ酸以外の成分にも現れました。
全体的に6%も数値が上がり、プラセンタから得られる、ハリ・ツヤ・潤いを、より感じていただけるようになりました。
また、製品にとろみがつき、お肌に吸いつくような使用感が得られるようになったことも、うれしい変化でした。

さらに「発酵」に加えて、「熟成」の工程を加えました。
発酵の効果をより高めるためです。
こうして、世界初の発酵・熟成 国産馬プラセンタ「PCC プレミアム F(Fermentation= 発酵)」が誕生しました。

お客様本位のプラセンタをお届けするために──

すべては、お客様本位のプラセンタであるために──。
私たちバイオアンチエイジングが、プラセンタ原料メーカーとして貫く、不変のテーマです。
だからこそ、国産プラセンタ原料と製法にこだわり、最高峰の品質を追求し続けます。

バイオアンチエイジングの歩みは、これからもお客様とともにあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © BIO ANTIAGEING Co.Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.